ラベル Society5.0シティ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Society5.0シティ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/03/11

不動産相場オープンデータ化 Project PLATEAU

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>

プラトー・プロジェクト ” 期待のページ


動産DXをも担うであろう “ Project PLATEAU ”

近いうちに東京と岡山の不動産相場について書こうと考えるなか、アクセンチュアの事例紹介記事 “ 国土交通省Project "PLATEAU" ” を拝読。同社は文中「“まちづくりのDX”(Urban Digital Transformation)」を引用するものの、私は咄嗟に「不動産DX」あるいは「不動産相場比較DX」なるバズワードを想起したり。

この国土交通省Project PLATEAUは、誰にも判り易い情報を提供すると類推。

そのときプラトー・プロジェクトは首都圏からの地方移住および不動産買い替え等を検討される方々に向き合い、珠玉の不動産情報を提供するプラットフォームに豹変すること請け合い。そう断定する私は取り急ぎ、情報共有いたします。

Map the New World.

国土交通省が主導する、日本全国の3D都市モデルの整備・オープンデータ化プロジェクト。3D都市モデルの整備とユースケースの開発、利用促進を図ることで、  全体最適・市⺠参加型・機動的なまちづくりの実現を目指す。

https://www.mlit.go.jp/plateau/about/

PLATEAU は、国土交通省が進める3D都市モデル整備のリーディングプロジェクト。 都市活動のプラットフォームデータとして3D都市モデルを整備し、オープンデータとして公開することで、誰もが自由に都市のデータを引き出し、活用できるようになる。

岡山市の街づくりのオープン化に励む者。上記は心底、嬉しく有り難く。

3D都市モデル整備の全国波及と活用拡大を目指す Project PLATEAU では、2020年度中に東京23区をはじめとする全国約50都市で3D都市モデルを整備し、多様なテーマでユースケース開発やハッカソンを実施。プロジェクトにおいて集積した知見や活用手法を集積し、その成果をオープンデータ化することで、全国展開につなげていく。

3D都市モデルの構築対象都市 一覧 〔PDF〕

上述。3D都市モデルの構築対象都市 一覧の中に岡山県の市町村が一つも見当たらないのは気がかりですが、そもそも岡山市のオープン化もまた、シティ岡山.comの大きな使命。倦まず弛まず諦めず、岡山令和刷新事業を推進いたします。

日経クロステックの記事 “ 国交省の3D都市モデル「PLATEAU」の衝撃、地図に建物の高さを記述して浸水対策 ” は、お薦めです。お時間ある時よろしければ。

2021/02/23

“ Society 5.0 シティ岡山 ” プロジェクト 50名に近接!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
“ 移住スカウトサービス SMOUT ” 広報DXページ


報DXパワーを駆使する “ 経営DXラボ ”

オウンドメディア「生涯学習ブログ」ほか複数の運営にあたり、広報DXパワーを遺憾なく発揮する経営DXラボ(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、「スマウト移住研究所」無料のプラットフォームを利活用して「晴れの国で “ Society 5.0 シティ岡山 ” 創りに注目くださるDX人財を募集!」ページを運営中。このたび、当該ページに興味・関心を寄せてくださる方が、50名に近接しています。

“ Society 5.0 シティ岡山 ” プロジェクト by SMOUT.

この場より厚く御礼を申し上げますとともに、引き続き、莫大なコスト*をかけずして情報発信ができる「広報DX」技術を駆使して、“ Society 5.0 シティ岡山 ” の創生実現に尽力いたします。あわせて、“ 岡山県岡山市北区のネット関係人口スコア ” の向上にも努めて参りますので、お時間ある時ぜひ閲覧ください。

無料の Google Blogger を利活用する当該サイトの年間コストは、独自ドメイン利用料 900円のみ。広報DXを駆使する者、大変お世話になっています。

経営DXラボは、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を GOALに据え、Society 5.0 岡山シティ創生事業の実現を標榜し、内閣府「地域未来構想20」オープンフラボに参画しています。連携ご指名のほど何卒よろしくお願いいたします。

2021/02/22

【 スーパーシティとスローシティ。なぜ今なのか !? 】~ 生き残りをかける首長に学ぶ地方創生チャレンジ ~

前橋市スーパーシティ構想に150社超が参集 その中身は? ” by 日経XTREND.

150社超が参集すると記された前橋市「スーパーシティ」構想の中でも私たち岡山市民は、「スローシティ」の実現に注目したい。一般的な巷の理解は、硬直的に「スーパーシティ=データ連携」となりがち。ですが、「スーパーシティ」構想の目的の本質とは、多分に下記ではないかと感じ考え、記事より引用。

先端技術を活用することで日常の負担を減らし、市民がゆとりある暮らしを享受する「スローシティ」の実現も目標とする。

とても平易な記述であり、その目標達成のための産学官連携に、高まる期待。前橋市はおそらく、街ぐるみの地方創生のロールモデルになるのでは?

日経XTRENDの記事から多くを学びたく取り急ぎ、情報共有いたしまします。

2021/02/20

シティ岡山.com(和名:岡山市どっと混む)について

Super City & Smart City がテーマの、経営DXラボのオウンドメディアです。SDGs、Society 5.0 はじめ、移住や転職に関するコンテンツを格納しています。岡山の逸品や、不動産等の情報提供も――。

2021年2月20日(土)。経営DXラボは、広報DXを究めるためのオウンドメディア「シティ岡山.com〔 https://www.city-okayama.com/ 〕」を開設しました。

Super City & Smart City を主たる研究テーマとして、札幌~東京~大阪を経て岡山へ移住した転職リッチな運営者が、SDGsSociety 5.0 に関連するコンテンツを創作。岡山の逸品や、不動産等の情報提供もコツコツ続けて参ります。

ドメイン〔 city-okayama.com 〕を誠実に準える、そのサイト名「シティ岡山.com」が担う社会的使命は、経営DXの推進はもとより、莫大なコスト*をかけずに強力な情報伝播効果を叩き出す、広報DX技術の共有・伝承にも努めます。

無料の Google Blogger を利活用する当該サイトの年間コストは、独自ドメイン利用料 900円のみ。広報DXを駆使する者、大変お世話になっています。

お時間の許す限り閲覧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 2021年2月20日 経営DXラボ 代表 菅野 敦也 ※ 取材等は下記メールより !!
 E-mail【at】は @ に置き換えてください。 sugano【at】city-okayama.com

【 屋形船:烏城水遊舟 】おかやま旭川遊覧クルーズ

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >> “ おかやま旭川遊覧クルーズ ” 広報ページ 創 造的破壊の検索クエリアート “ 広報DX ” DX 経営技術を駆使する 経営DXラボ (本部:岡山市北区、CIO: 菅野敦也...